« スポンサードリンク »
ホーム » 契約更新情報

マスチェラーノがバルセロナと4年間の契約延長で正式合意



 バルセロナ所属のMFハビエル・マスチェラーノ。現地時間16日バルセロナが、マスチェラーノと新契約を結ぶことで合意に達したと発表した。新たな契約は2018年までの4年間の延長で、契約解除金が1億ユーロに設定されている。


 2010年にリヴァプールから加入したマスチェラーノ。今夏の移籍市場でナポリが獲得に関心を寄せており去就に注目が集まっていた。
 一時は放出が既定路線と伝えられていたマスチェラーノ。事実、バルセロナもナポリがマスチェラーノ獲得に関心を寄せていたため、具体的な移籍交渉を進めていた。


 事態が急転したのは、新指揮官にルイス・エンリケ新監督が就任してからだ。新監督は、クラブに対しマスチェラーノの残留を強く要請。クラブは指揮官の要請によりナポリと進めていた移籍交渉を破棄し、一転選手と契約延長に向け大きくかじを切ったのだ。
 なにより、この度見直された契約解除金の高額さを考えれば、指揮官が選手に寄せる期待の高さの表れであることは間違いない。


 バルセロナで公式戦通算182試合に出場したマスチェラーノ。加入以降、リーグタイトル2回、チャンピオンズリーグ優勝1回、コパ・デル・レイ優勝1回と数々のタイトル獲得に大きく貢献している。
 中盤の底、そして最終ラインでの孤軍奮闘ぶりはバルセロニスタからも高く評価されている。

« スポンサードリンク »

Return to page top