« スポンサードリンク »
ホーム » 現役引退情報

キューウェルが現役引退へ




 元オーストラリア代表で、オーストラリア史上最高の選手と称えられるハリー・キューウェルが、現地時間26日18年間の現役生活に幕を下ろすことを正式発表した。
 現役時代、イングランドのリーズ・ユナイテッドやリヴァプール、トルコのガラタサライなどビッグクラブで活躍したキューウェル。


 現在は、オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ハートに所属しており、4月12日のリーグ戦が現役でプレーするラストゲームとなるようだ。
 自身の幕引きにキューエルは、以下の様なコメントを残している。

「 体の状態はとても良いよ。サッカー以外のことに、サッカー選手としてはできないいろいろなことにまだ乗り出せるうちに、終わりにできればと思ったんだ。これからはそうしたことができる 」


 キューエルは、15歳で母国オーストラリアを離れイングランド・リーズのユースチームに加入。
 その後リヴァプールへ新天地を求め、イングランドFAカップ、欧州チャンピオンズリーグ、UEFAスーパーカップのタイトルを獲得。


 オーストラリア代表では、1996年のチリ線に17歳7ヶ月というオーストラリア史上最年少デビューを果たす。
 その後、代表戦66試合に出場し17得点を上げ、2006年ドイツワールドカップ、2010年南アフリカワールドカップの2大会連続で出場を果たした。

« スポンサードリンク »
タグ /

Return to page top