« スポンサードリンク »

2015年にモウリーニョ監督がマドリー復帰の可能性が噂に





 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、レアル・マドリー復帰の可能性があったようだ。
 マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、モウリーニョ監督に対し、ロッカールームの権力者たちを一掃しチームの解体・再構築を求めていたという。


 ペレス会長は、元来自身が求めるチームの構築を望んでおり、ロッカールーム内でのヒエラルキーを強く求めるタイプの会長。
 子飼いである、FWカリム・ベンゼマやFWガレス・ベイル等、自らが手塩にかけて獲得した選手を中心にチームの再構築を求めている。


 そのためなら、チームのレジェンドでも問答無用に“ 切る ”能力に長け、選手の限界、ポテンシャルを見極めることが出来るモウリーニョ監督をペレス会長は必要としていたのかもしれない。
 ペレス会長は、ベンゼマそしてベイル、MFルカ・モドリッチ等を中心にチームの再構築を画策。


 モウリーニョ監督も同選手らを高く評価している一方で、当時幅を利かせていたカシージャスやセルヒオ・モラス、ぺぺ、マルセロ等を一層。
 ペレス会長には、徐々に発言力が強くなっている同選手等を快く思っていなかったのは事実なのかもしれない。


 最終的に、チェルシー( 当時就任していた )との契約を尊重しチームに残留したモウリーニョ監督。
 如何にスペシャル・ワンと言われていても人の子。


 表には出さないが、少しばかりの休息も必要であったと考えており、チェルシー3シーズン目はリーグ低迷で解任という憂き目に会い、その後ユナイテッドの指揮官に就任している。


関連コンテンツ



マンUはあの選手を先発起用すると勝率が100%! 逆に先発から外すと勝率は0%……
“ヴェンゲルぶん殴る”報道に反論 モウリーニョ「我々は文明人だから…」
ルーニー起用によるユナイテッドの停滞…モウリーニョは“レジェンド外し”を実行できるのか?
モウリーニョ、批判への怒りを否定「腹を立てていない、つらい気持ちになるだけ」
ヴェンゲルに怒り心頭だったモウリーニョ「いつか顔面をぶん殴ってやる」

モウリーニョ監督暴露本の続報


2015年にモウリーニョ監督がマドリー復帰の可能性が噂に

« スポンサードリンク »

Return to page top